FC2ブログ

元警視庁巡査長、女性乱暴で初公判 「金品目的ではない」と一部否認  千葉地裁

元警視庁巡査長が千葉県松戸市内の女性宅に忍び込み乱暴して現金や下着を奪ったり、複数の住宅に侵入して金品を盗んだりしたとして、強盗強姦(ごうかん)や住居侵入、窃盗などの罪に問われた元警視庁上野署巡査長(37)の裁判員裁判初公判が7日、千葉地裁で開かれた。被告は起訴内容をおおむね認めたが、一部の事件について「金品を奪う目的ではなかった」などと否認した。

起訴状によると、2014年6月16日午前3時半ごろ、松戸市内の女性宅に侵入、バタフライナイフを枕に突き刺しながら「騒ぐな、殺すぞ」などと女性を脅し現金や下着を奪った上で乱暴。また、同月21日午前9時ごろから同9時半ごろまでの間、金品を奪う目的で市川市内の女性宅に宅配業者を装って侵入、女性の首にスタンガンを押し当てる暴行を加えて全治約5日間のけがを負わせたなどとしている。

検察側の冒頭陳述によると、林被告は13年10月ごろから下着やDVDを盗む目的でアパートなどへの侵入を繰り返した。「焼き切り」という手口で窓を破って侵入し、盗んだ現金は使い、盗品はフリーマーケットなどに出品して現金化していた。検察側は「凶器を使い、被害者の自由を奪って犯行に及んでおり、一定の計画性が認められる」と指摘した。

一方、弁護側は「被害者にけがを負わせようという意思はなかった。金品を奪う目的もなかった」などとして、市川市内の女性にスタンガンを押し当てたとされる事件についての強盗致傷罪の成立を否定した。

千葉日報オンライン 2016年3月8日

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
フリーエリア2
労働災害防止
リンク
フリーエリア
おすすめ
無線式異常点滅ボタン警報システム(簡易型)
無線式異常点滅ボタン警報システム(簡易型)

ボタンを押すと数十m離れたランプやブザーが作動します。 工事の要らない無線非常ボタン。
お店や事業所、学校や保育園などに。

月々の管理費不要、一人暮らし高齢者安否確認システム

月々の管理費不要、一人暮らし高齢者安否確認システム。

在宅中にも関わらず、長時間に渡って住宅の人感センサーが人の動きを検知できない時に異常と判断、 ご家庭の電話回線を使ってご家族の携帯電話などへ自動的に警告アナウンスを流します。

コールセンターなどは中継しませんので月々の管理費用や契約料金はかかりません。




傾斜センサーを使った屋外の商品の盗難防止システム,金属資材、導線、電線などの盗難防止
傾斜センサーを使った屋外の商品の盗難防止システム


屋外の金属資材、電線、銅線などの盗難防止に。
張り巡らされた電線ワイヤーが不審者の足などに引っ張られて、 途中に接続された傾斜センサーが傾くと警報機が100dbのアラーム音を鳴らして威嚇します。
防雨ケース。屋内外のどこにでも簡単に設置できます。


ソーラー電源式センサー連動屋外用アナウンス警告システム
ソーラー電源式センサー連動屋外用アナウンス警告システム


センサーを向けた警戒エリア内に人や車が入ると 自動的に警告アナウンスを流して警告します。

侵入者威嚇の防犯対策に。
特殊な駐車スペース、公園のパーキング、プールサイド、危険な場所や立ち入り禁止区域での警告に。


充電バッテリ式落石土砂崩れ地滑り警報装置

落石や土砂崩れなどで張り巡らされた専用の電線ワイヤーが数㎝引かれたり、断線すると警報音と回転灯が作動し周囲に警告を発します。

警告音、回転灯とも内蔵の充電式バッテリで駆動。電源のない山間地などでもご利用いただけます。



新型外部通報型押しボタン緊急通報装置(固定電話回線を使った緊急通報装置)
新型外部通報型押しボタン緊急通報装置(固定電話回線を使った緊急通報装置)


非常通報押しボタンを押すとブザーを鳴らしながら登録された電話番号へ自動的に緊急事態発生を告げる音声アナウンスを流します。 既設の固定電話回線を使って通報しますので月々の経費はかかりません。